か……梶くんが好きで……

こんにちは。
最近声優の梶裕貴さん関係のCDを聞き漁っています。
前から気になる存在ではあったんですが(G.Addictなどで)
ここ最近梶熱が急上昇で……どうしたことでしょう
『少年』のようで、『男』のような……二面性のある不思議な声質だと思います。

1番のきっかけは彼のヴォーイズでラヴな受け声を聴いてしまったからでしょうねー
今までノーマークでしたわーーーー不覚。あー勿体ない。

まだ数枚しか聴いてませんが、おすすめは

『Calling』(羽多野×梶)
『侘びとエロスのお稽古』(遊佐×梶)

特に侘びとエロスのお稽古(すごいタイトルだw)は、レビューでもすごく評判良いから「どぅれ……聴かせてもらおうでないの」って挑んだら耳が砕けました。どえっろおおおおお!ぎゃあああ!無理のない自然な喘ぎで、なんかもうこれは天性の才能???ヒッヒッフー
声優ってすごいですよねえ。なんでそんなに呼吸が合うのよ……?キスシーンがえっろくてびっくりした。あの……リップ音?ていうの?なんだあれ……どうやってるんだ。くぐもった梶くんの声がはんぱないです。実際やっちゃってないよね?ねえねえ??
アフレコ風景DVD欲しいと真剣に願います。
ただ、梶くんって割と元気いっぱいというか、今までがアグレッシブな受けっぷりだったもので、抑え気味の声にどうしたのそんなに落ち着いちゃって……と少々物足りない感もあったりなかったり。
でもエロいからいいよ!!

侘び〜、のお相手は遊佐さんですけれど
梶くん目的で聴いたのに、遊佐さんの攻めっぷりに度肝抜かれて私は……私は!
今まで聞いた中で1番好きかも(*'д`*)
この方、一体どれだけ引出しがあるんだよと。よくもまあ毎回毎回違ったエロスを魅せてくれるもんだわ!最高!!というか遊佐さん受け攻めどっちもこなすんだからひとりでBLCD作ればいいのにね。私は買いますよ。

Callingについては、なんかもーーとにかく羽多野くんも梶くんもかわいくてかわいくて。
わんこ攻めわちゃーーーーー!!!(*゚∀゚*)
羽多野くんがAV男優っていう設定なんですけど、DVDの中で女優さんといたしてる彼を見てる梶くんが、仕事と割り切って必死に自分を納得させようとするもやっぱり出来なくて嫉妬しちゃうくだりがあるんですね。ほかにも諸々思うところがあって、泣いてしまうんですがその演技にグっときた。
感情を抑えきれなくて言う
「キラくんのこと、好きだよぉ……っ」
っていうセリフで私も泣いてしまいそうでした。 (キラくんは羽多野くんが演じるキャラ名)


ところで話は変わりますが、過去記事の画像がリンク切れ?で結構見られなくなっていますね。なぜだろう(;´・ω・)それらの記事は、前に使ってたアメブロのをためもで読めるのでよろしければどうぞ〜。
まだ消さないでおいてるのです……。

http://ameblo.jp/eiri-tachikawa/



窮鼠はチーズの夢を見る 聞いたよ

注・聞いた感想ではありますが、ほぼ、ただの萌え吐きとなっておりますのでご了承ください\(^O^)/

さて、このCDは遊佐×中村……ゆっちー×ゆうきゃんなんですよねえ、お2人とも大好きです。

遊佐さんの攻めも、ゆうきゃんの受けも初めて聞きます。

話はズレますが、遊佐さんって39歳なんですねー!?今年40ですか?

びっくりしました。見た感じお若いじゃないですか!!!あきら(石田)やモリモリも見えないけど遊佐さんも若いよー!!

このCDふつーに面白かったです。

内容に無理がない!!生々しいっていうか妙にリアルです。それぞれのキャラクターやストーリーに共感できるし、ほんとにこういう事があってもおかしくないんじゃない?っていうくらい、抵抗なくお話に入り込めたので聞いていて辛くなかったですwww

というのも……BLはファンタジー★ですから、大抵

男が男に掘れ……惚れるのがふつうっていう世界なわけですよ。女ってなに??みたいなwwだけれども、この作品は主人公の恭一(ゆうきゃん)が子供はいないけど既婚者という設定です。驚きです。そんな恭一は、大学時代の後輩で、今は興信所の調査員をしている今ヶ瀬(遊佐さん)に

『奥さんからおまいの浮気調査を依頼されているんだぜ!調べてみたら不倫してるじゃねーか!黙ってて欲しければ俺にキスしな!』

と脅されて……アラララみたいな感じで始まります。

今ヶ瀬はゲイで、ずーーーっと恭一に想いを寄せていたんだそうで。

まーこれがね。この恭一ってのが超優柔不断で超流されやすい性格で、物語中にもほかの女とセクロスしてたり(展開上仕方ないとはいえ女の喘ぎマジいらねええよ!!と思った)するんですけど、わかっちゃいるけど断れないっていうダメ男なんですね。でも可愛いから許す。ゆうきゃん可愛いよゆうきゃん!!!!

どう聞いても 阿部(おお振り) が受けているようにしか聞こえないんですけど……とにかくいい。

恭「舌いれんのはダメ!」

今「はぁ?何言ってんですか、子供じゃあるまいし」

恭「ダメだ!それはなし!!(`Д´;)

もーこのへんから キューン!!!!!(´Д`*)としちゃいましたね。

あとね!!お酒に酔っ払って帰ってきた恭一に今ヶ瀬が

「酔って、こんなキスするなんて……ひどいよ…、すげー燃える…ッ」

っていうところで私が遊佐さんに萌えました(;´Д`)'`ァ'`ァ

惜しむべきはえっちしーんが短いこと……( ´・ω・`)

最後の……挿入しかしてないよね?(ww

あきらかに続編あります的なにおいがしたんですけど、出ないのかな!?

あったら間違いなく買ってしまいそうな私がいる!!



セブンデイズ MONDAY→THURSDAY

おおお、弓弦さんが!冬至が喋ってるうう!と感動しました(´Д`*)

中の人2人とも『掴みどころがなくサジ加減が難しかった』と口をそろえて言ってましたが…

いい意味でキャラが普通なんでしょうね。

ただ、異常にモテる(本人’S自覚済み)

という以外はwww

確かに冬至も弓弦さんも、淡々としてる感じしますか(笑)

たぶんBLらしからぬキャラなんだろうなあ(設定も)クセのあるのが多いもんね〜BLて(`・ω・´)

じゅんじゅんもゆうきゃんも戸惑ってるのがよくわかりましたwww

さて、お話はかなり原作に忠実でしたね〜。

雰囲気が出てた!かなり!

そして物語も淡々とすすみました。

……(^ω^)……

淡々だったのでどこに突っ込もうかと戸惑ってるところです。

うおええええwwwなんか想定外wwww

じゅんじゅんもゆうきゃんもなんか普通すぎるっwwwwww

サーセン!!感想がこれといって出てこないwwwwwww

えーとえーと あっ

「俺と付き合ってよ、芹生」とか「デートしよう芹生」が音声で聞けて嬉しかったです。

気になってたのは、『せりょう』の発音なんですけどこれなのか〜。

あああとね、弓弦と冬至のキスシーンの、チュって音に萌えた(´Д`*)

あれはゆうきゃんの生SEかな… ハァハァ

でもなんか…紫乃とのキスシーンのほうがえろかった…

冬至が紫乃に「そういうのって比べるものじゃないと思うけど」っていうシーン、私の脳内では諭すようにっていうか、柔らかい感じで話す冬至だったんですけど、ここはちょっと怒ってる(?)感じなんですね。

前半のピザのあたりとかの冬至の声は優男っぽくて好きだwww

さりげなくお金を弓弦さんの胸ポケットにしまうあたりとか。

しかしなぁ、どうにも優しい阿部に聴こえてしまうんだよ…

あと2、3周聴いたら新たな発見あるかもな…。

携帯ネタ気づきませんでした(゚Д゚)


バイトは家政夫(メイド)!?

CAST ■緒方 稔…櫻井孝宏■ ■江坂武彰…成田 剣■ ■鳥羽祥司…飛田展男■ ■江坂舞香…深見梨加■ ■田村勇弥…岡野浩介■ このCDは1、2と出てるんですけど、今回は1の感想です。 2はあんまりストーリー的に進展し…してないというか…30分あれば終わりそうな内容をいろいろと引き伸ばして収めましたという感じ(^^;) 学校の先生に紹介され、高収入の住み込み家政夫のアルバイトをやることになった稔(タカピロ)。

行った先は高級マンションなのに中身がゴミ屋敷。そこで出会った家主のモサ男。

だが彼は今をときめくトレンド俳優・江坂(ナリケン)だった!!!

そんな彼のマネージャーに「お金をはずむから愛人になってもらえないか」と話を持ちかけられ……断固拒否した稔だったが、勘違いしていた江坂に襲われて………

という。

全体的に、音楽の使い方が効果的で、テンポがすごい良くって楽しいです。

もーーーーーこのCDのタカピロ(稔)は、それはもう可愛くって可愛くって可愛くって元気で負けず嫌いで

「こんちくしょう!」とか「くそったれ!」とか

言ってて可愛くて可愛くてかwrtふg(略)

トーン的には渋谷有利・高橋美咲ですね!タカピロはこのくらいの少年声が1番大好きだ!!

モノローグというか…1人でガンガン喋ってるシーンが多いです。そんなタカピロにちょっかいかけるのがナリケンさんなんですけど、この江坂さんが強引で俺様ちっくでね。エエ声だなぁ。

もーね、ほんと面白いのこのCD!

エッチシーンは少ないけどそれがなくても十分楽しめます。

役者さんたちの息がほーーーんとピッタリ!!!プロって素晴しい。

舞香ちゃん(深見さん)という、ナリケンの妹キャラが出てくるんですけどね、この人が強烈でさ〜〜(笑)BLCDに女性キャラって、今まであんまりスキじゃなかったんですよね。でもこの舞香ちゃんはOK!!稔を一気にまくしたてるあのシーンにもう爆笑した。タカピロもナリケンも、感情をぶちまけてガーっと喋るシーンが多いので演じる方は大変お疲れかと思います。でもすっげえ楽しかった!(ってそればっかり;)

あまりに入り込んで叫んでるためにマイクが音割れしかけてます(笑)最後あたりのシーンの掛け合いがもうスゲーーー!!!って感じで爆笑。いやーこれはいいわ。エッチシーン目的じゃなくても普通の(?)場面でこんなに聞き込みたいBLCDってあんまりないすよ。


ヤバイ気持ち

ヤヴァイ気持ち ■舞木 透…櫻井孝宏■ ■中条涼司…檜山修之■ ■柏崎啓吾…森川智之■ ■山内 匠…伊藤健太郎■ 『ヤバイ気持ち』というか『ヤバイ檜山修之』である。 「お前見てると欲情する、なんでだろ?」と密かに好きだった涼司(檜山さん)から告げられた透(タカピロ) しかもある日、今まで透のことを思ってイってたけど、実際に実物とヤってみたい!!(゚∀゚)ハァハァ と言われてしまってさあ大変。 自分は本当に純粋な気持ちで好きなのに、それを知らずに自分の快楽のためにそんなこと…!!でも…!(゚д゚)オロオロ  というなんだかぶっ飛んでるストーリー(この粗筋もな) このCDでタカピロと檜山さんは初対決でしたそうな。 いやービックリした。わはは!!! タカピロはすっごい高音喘ぎ

こんなタカピロ聴いた事なかった!!! 女の子みたいな繊細で可愛いっていう設定のせいなんでしょうが、普段の声もトーン高い高い。フリトでも「維持するのが大変だった」と言ってたよ。

可愛かったけど……!びっくりした(屮゚Д゚)屮

ENDLESSシリーズの高臣(石田彰)並みの超高音だった。

わはーー!!!!ディレクターからも注意されたようですが、ほんとがっつき過ぎですから檜山さん(笑)桧山さん独特(?)のテンポの速い口調とがっつきが同調して、エライことになってた。

こんなやついたら、ちょwwwもちつけwwと声をかけたくなるわ。

檜山さんはお金シリーズのときにあまりにも鬼気迫る鬼畜演技をしてたものだから、共演者たちに賞賛を浴びせられてたのをようく覚えてます。今回も多少アレだったので、こういう演技させたらピカイチだなあーと思いました。飛影なのにねえ…。なもんで、ストーリーのなかで無理矢理タカピロを襲います。

タカピロもタカピロで、「イヤだって言ったらやめるって言ったくせにィ!」って感じでブリ可愛い声。

超ハイトーンで喘ぐタカピロ。(無理に入れられてるから痛がってるんだけど)

CD貸したいから家まで来いなんて、みえみえの口実じゃないか。純情なタカピロは、その都度檜山んに騙されて、流されてセクースしてしまってます…。

馬鹿ねー男はオオカミッ!!!最終的にはまるく収まるんだけど…(あ)

中盤モリモリ先輩に悩み相談して、付き合ってるフリすることになります。脇役(?)だけど、モリモリが出てくるとなんだか安心するね。全体的にエッチシーンは少なくて(ていうか中身があんまりナイ)刀川的には物足りない気がしましたねー。

実は、中盤〜後半にかけて寝てて記憶にあんまりないとは言えません。(…)

また気付いた事あったら追加するかも。でもめちゃくちゃ可愛いタカピロが聴けますよvv

あんまりないんじゃないかな……???

こんな高音って(笑)余談だけど、ブックレットのタカピロたちがすごく楽しそうで微笑ましいです(´∀`)


                
Profile
販受付中です
同人活動してます。
PURSLANE(パースレイン)というサークル名でたまにイベントに出ることもあります。
【こちら】のページから、セブンデイズ・花のみぞ知るの本をお申込みいただけます。(自家通販)

Twitter
               
ドジっこ御崎bot
LINK
MAIL
近読んだ本
近の記事
テゴリー
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM