<< バトンいただきました | main | 今日買った本 >>

遊佐浩二氏の、華麗なる匠の技

声優さんって……すごいですよねえ え え〜……

BLといえばギシギシアンアンなラブチュッチュじゃないですか。

そういうシーンを、我々腐女子は期待して聞くわけじゃないですか。

で、やっぱり受けの演技力にすべてはかかってくると思うんですよ。

もちろん攻めも大切です。某声優さんがおっしゃっていましたが、受けをリードして気持ちいい演技ができるようにしてあげるという責任があります。

でも……やっぱり、受けが1番のメインですよね?

私は数年前から音の世界をたしなんでいますけど、攻略枚数はBLCDレビューしている百戦錬磨な方には到底敵いません。選り好みするからです……。まあ漫画と違って、CDはそれなりにお値段しますし私のように自分の好きな声優さんが出ているものしか聞かない、という方も多いでしょうね。

で!(^ω^)

前置きが長くなりました。

最近の私は、遊佐浩二さんがものっすごく好きなんです!

いやーこの間、遊佐さんが出演してる『忘れないでいてくれ』という攻めが安元さんのBLCDを聞いてたんですけど……あ、ここから先は完全に個人的な意見なので、そこんとこよろしくです(^ω^;)

遊佐さんってすごいよ。あのひとスゲーよ。

ひょっとしたらタカピロ(櫻井孝宏さん)の受けを凌駕するかもしれないっていう勢いで上手かったです。

たまにワザとくさい演技をする方もいるんですけど、遊佐さんの感じてる声の自然さったらないね。あとねー無理矢理組み敷かれてるときの、抵抗する声の自然なこと。嫌がってる演技の自然なこと。

よくエッチシーンににありがちなセリフで

「ちょっ……何やっ()……!」

「やめ()っ……!」

っていうのがあるんですけど、この(て)の部分を言うか、言わないかのほんとうにギリギリのラインを遊佐さんは確実に!!!的確に表現します。個人的には言わないほうがリアルに聞こえます。

「何やって……!」言っちゃダメなんです。「て」をはっきり言うと切羽詰まってる感が出ない気がするんです。

同じく、「やめて」も、「やめっ」ではいけない。

「やめっ……!」 です。おわかりいただけるだろうか。「……!」の部分が!大切なんです。あまりはっきりと語尾を区切るよりも、息を飲む感じで自然と終わらせてほしいんですよおお!!!

遊佐さんはそーいうニュアンスがマジうま。神の領域。タカピロもそうなんですけど……(´Д`*)

……すいません細かくて……。

ちょっと細かすぎて気持ち悪いですかね私……。

あとは山場の挿入シーン……あのクライマックス!がっちゅんヤっちゃうシーンね。(……)

わたし実はこのシーンがそんなに好きではないんです。どっちかというとその前のキスしたり、イチャイチャっとしてる場面のほうが萌える。それまでいい感じでも、挿入シーンになると声優さんによっては、ちょ……っと失礼ですが、聞くのが辛くなる系……へた……な人も……いるんですよ(好みの問題でしょうが)

で、その入れられてるシーンでこう、なんといいますか……

受けの身体は揺さぶられますよね?そこは声も比例して揺れるわけです。

遊佐さんは揺さぶれてる声がハンパなく上手い(ダジャレじゃないよ)

今回、遊佐さんには

「うるっ……、さいなっ……! 大きく、するな、よ……!!」と言うシーンがあったんですけど、もしもし、マジであんげんになにかされてるでしょwwwwwwと質問をぶつけたいくらいに生々しかったです。え、ねえそれどうやってんの? 遊佐さん本当に何もされてないの? どうしてそんなに声が掠れながら詰まってる感じでリアルなの? うそでしょ? ってくらいです。百歩譲って何もされてないとしても、そういうポーズくらいとらないとあんな声は出せませんて( ´・ω・`)

遊佐さんの喉ってどうなってんの? 萌え声製造器なの???

なにを極めればそんなえろい声が出るんですか……。

とにかく……遊佐さんこれからもよろしくお願いします!!!(;´Д`)'`ァ'`ァ


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
                
Profile
販受付中です
同人活動してます。
PURSLANE(パースレイン)というサークル名でたまにイベントに出ることもあります。
【こちら】のページから、セブンデイズ・花のみぞ知るの本をお申込みいただけます。(自家通販)

Twitter
               
ドジっこ御崎bot
LINK
MAIL
近読んだ本
近の記事
テゴリー
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM